スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主に自己満足の世界

はてさて、ゲームのためのミニチュアを塗るというのはわかるのですが、持ち運びの難しい情景モデルを塗るというのは本当に自己満足の世界。まあペイントやモデリングをさらすのも自己満足には変わりないのですが(もともこもない)。

てな訳で、持ち運びの困難さの極み木立を塗りました。

IMG_1343.jpg

組み立て中も組み立てた後もかなりの頻度で、それはもう魔法発動判定で6D6で降ったときの6ゾロが出るような頻度で葉っぱが取れます。
ですからもしも木立を作る場合、自軍アーミーがウッドエルフでないならなおさら葉っぱ無しで作るのをお勧めします。荒廃した感じが世界観にあってますし40kでも使いやすいし、なにより持ち運びしやすい。

IMG_1384.jpg

ドライブラシだけで済んだためペイント時間は2,3時間程度で、ペイント自体も楽でした。しいて言えば根元とかベースの髑髏や岩の塗り分けに時間がかかったくらい。ラージドライブラシの存在に感謝。

IMG_1386.jpg

なんだかんだで葉っぱもグリーン系をいろいろ使ってドライブラシすればいいだけでした。
この木はカビがまわってて葉っぱも枯れかけてるとかいろいろ設定を考えながらやれたので楽しめましたし、なんといってもペイント自体が楽(大事なことなのでry)初めての情景モデルは木立がお勧めです。まあ他の情景モデルはあんまり作ってないんですが(笑)

あとは自作でテレインを作ったり。

IMG_1818.jpg

丘です。
100均の発泡スチロールを適当に切って貼ってしてやり、モデリングペーストを塗る。乾いたらアクリル絵具やタミヤの情景テクスチャで土色に塗ってやる。あとは木工用ボンドを塗り、300円くらいで買える芝生フロックをふりかけたら完成。

IMG_1741.jpg

岩壁です。
これまた100均で買った水槽用の小石を、スチレンボードに適当にボンドでくっつけてアクリル絵の具で塗装。あとは鉢植え用の水藻(これも100均)をボンドでくっつけて隙間を埋めてやると完成。

どちらもネット上のテレイン製作サイトを参考にしたのですが、結構手軽にできるものですね。
岩壁は固めるのが面倒ですが、重量感のあるしっかりとしたものができます。丘は乾く時間さえ何とかなればかなり量産できそう。

ただし、どれも持ち運びに苦労しそうなのであくまで自宅でのゲームとか鑑賞用だと僕は思うのですがどうでしょう?
スポンサーサイト
プロフィール

橋場博功

Author:橋場博功
会社員。ペイント細々、ゲームはときどき。積みモデルが増える夢をよく見ます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
このブログは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ニコ生、放送中。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。