スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制作中。。。

新年明けましておめでとうございます。今年も何卒よろしくお願いしますm(_ _)m

周辺の環境も少し変わり、自分自身も変化しつつある今日この頃です。
失敗もあれば成長もある感じです。今年こそは幸せになれたらいいなあ。

ということで、以下制作中の奴らです。

IMG_3119 (800x598)

去年、スクラッチで脚部のおかしなスケイブンのボーンブレイカーを作ったのですが、それの続編で、ファンドの余りとビッツを使って、ヘルピットアボミネイションを作ろうとぼちぼち作業してます。
ネットで探してみると皆さん作ってるみたいで、それに感化されました。あと、ビッツとファンドさえあれば作り出せるお手軽さで手を出してみました。感性の赴くままにビッツをファンドにくっつけるだけの簡単なお仕事。
皆さんどうやら地中のワームをブラインドウィルム(盲目竜)のかわりに使ってるらしいのでそれを参考にワーム類のヘッドに。上写真の状態が最新の状態なのですが、あとはプラのヘルピット坊やの肌のうねりやらを参考に、肉付け&そぎ落としを繰り返せばできそうです。最終的には自分自身の情熱の問題ですが…

IMG_3121 (800x598)
IMG_3122 (800x598)

さらに、キャノンのクルー防毒マスクビッツから思い立ち、作っているのがポイズンウィンドグローバディアー。2門分で6人のはずが、ドゥームホイールのビッツも混ぜたため7人です。
オウガアイアンブラスターのビッツの樽を増産し、空気清浄器として背負わせ、ボディと腕はプレーグモンクで、あとはグリーンスタッフでこねこねちねちねしながらパーツを作って出来上がりです。

写真が無いですが、グローブをはめさせてビッツのボールを持たせるという作業がなかなか難しい。グリーンスタッフの扱いがなんとなくわかってきましたが、それでも出来上がった形を指で潰したりとか、硬化後に削ろうとするとむにゅっとなって難しいとか、なかなか素人には手ごわいです。
それでも、グリーンスタッフの扱いに慣れれば色々と魔改造出来そうなので頑張ってみます。目指せフルスクラッチ。

ということで新年初ブログはこんな感じです。素人の製作途中話に付き合ってくださりありがとうございます。謹賀ー謹賀ー。
スポンサーサイト

スクウィール・グノウトゥース

最初、ラットオウガBOXに付いてくるパックマスターが多すぎると思ったのがきっかけでした。
それから以前入手したビッツパーツやらを見ていくうちに設定を思い出し、材料をかき集めました。
パーツ集め

本体やら腕はパックマスター、頭はプレーグモンクのものを。既成のスクウィールが頭に何もつけてないのでそれっぽいやつをみつくろいました。

補修

いろいろ補修を済ませ、黒サフ吹いてからしばらく放置してましたが、ついに手を付けたのが昨日。

ダークフレッシュ

まずはスコーチドブラウンとかダークフレッシュとかアデプトゥスバトルグレイでべったり下地塗り。

スクウィールが少しづつ。

その後、ウルフラット・ガッツナガーらしきジャイアントラットをベスティアルブラウンなどでレイヤリング、スカルホワイトを混ぜたヴァーミンブラウンでブラッシング。
グノウトゥース。タラーンフレッシュで肌を塗り、上着を黄色っぽい茶色系統でレイヤリングとハイライト、ズボン(スカート?)を赤っぽい茶色系統でレイヤリングとハイライト。体毛をベスティアルブラウン、ヴァーミンブラウン、ブリーチドボーンの順にブラッシング。子ネズミ群は徐々に明るいネズミ色をつかってブラッシング。ほか、肌とかいろいろハイライト。

ウォッシュ直後
それぞれデブランマッド先生やバダブブラックなどでウォッシュ。塗り立てでまだテカってます。

最後にアボミネイションに付いてきた子ネズミを肩に乗せ、組み合わせて完成。
スクウィール完成
ピントがずれてたり、ガッツナガーがただのジャイアントラットだったり、スクウィールがただの禿げたパックマスターだったりと愛嬌たっぷり。


別アングル。
ちょこっと塗りなおした後の別角度。

今回は手間をかけまいと楽なブラッシングを多用したんですが、案外自分の好みの色に仕上がりました。
ただ、キャラのわりには正直地味な色遣いです(^^ゞもう少し派手にしてもよかったかな?と今更ながら思います。
それでもこれはマイ・スクウィール・グノウトゥース。ラットオウガの隊列に混ぜて一度使ってみようと思ってます。

3時間くらい格闘?

さて、最近40kにも手を出しそうな勢いなのですが、前々から作ろう作ろうと考えていたものに着手しようと思っております。

それは、ウォーロード騎乗動物、ボーンブレイカー。

フィギュアSNSのfgや海外ミニチュアサイトのCoolMiniOrNotなどにも上質のものが挙げられております。

それには絶対にとどかないと思いつつも意欲がふつふつとわいてきたので、フルスクラッチじゃなくて良いから作ってみようじゃないかと思い立ったが吉日、ちょっとずつ進行中なのです。

ポリパテ
このポリパテとか糸のこを使って、ラットオウガとヘルピットのお手手を改造↓
ボーン腕

さらに針金で骨組みを作ったりしたのが↓
ボーンパーツ

ウォーロード用ミニチュアやふんどし、ボーンブレイカー用のラットオウガ顔面などビッツパーツも充実。

そして、今日はウォーロードからでも作ってみようじゃないかとファインキャストカークを改造。

カーク顔

訳あってあごの外れたカークの顔をくりぬいて

ナイトランナー顔

ちょっとウォーロードっぽい、この顔にしようじゃないかと思い立ちました。

そこで、デザインナイフやら3mmピンバイスの力を使ってカークのお顔をくりぬきました。
あごなしカーク
途中

そして、入れる側の顔を削ったり、足の向きやしっぽの向きをエポパテを使って微調整。

作業、2時間半後。
ウォーロード途中

こんな感じに変身。
エポパテ固まってからしっぽの溝やら足の肉付きやらをナイフで作っていい感じにするつもりです。
ボーンブレイカー本体は骨組以外できてないのでまあぼちぼちやっていきます。

さて、クランラットですが、ただいま残りの金属にボルトガンメタルを塗りたくり中。
飽きてきたらラットオウガのベースコートしたり。
とにかく倒しても倒しても出てくる無双状態。なかなか大変。

やはり、ウォーハンマー道は厳しい。

初コンバージョン?

ていうかー簡単改造?(カエル軍人の隣の人風)



アレの正面
大丈夫だよね?


アレのサイド
本当に大丈夫だよね?


タミヤの速硬性エポキシパテで耳と目線を手で大体形成して貼りつけ、固まりかけたらカッターで修正。
その後それっぽくペイントしたら完成。

最初にナイトランナーのチャンピオンをどうしようかと思い、なんか個性的にした方がいいなと。じゃあ分かりやすくするために武器を持たないようにしようと。きっとチャンピオンだから素手でも十分強いはずと。
ナイトランナーって黒いよねー。なんかに似てるよねー。初めて改造するから簡単なのがいいしわかりやすいのって…やっぱこれかなー。
というわけで危険人物完成。

「ニッポン」での修業の際立ち寄った楽しい場所でお土産のコスプレを購入した、ときどき重要な任務につくのでスケイブンの隠匿の術で特別に目線を入れてもらった、エシン族の中でもちょっぴり強い危険なネズミ。という設定。

いっさいアレとは関係ないです。ええ。


なんかいろいろと吹っ切れた。
考えたら、商品とか自分で買ったやつならのせてもいいですよね。みんなのせてるもんね。

個人的なブログだし、マイナーだから最初のうちはマナーを守りつつ好き勝手やろうと思った。

ナイトランナーは今週中に終わりそう。次は気分を変えるためにワープライトニングキャノンでも塗ろうかな。
プロフィール

橋場博功

Author:橋場博功
会社員。ペイント細々、ゲームはときどき。積みモデルが増える夢をよく見ます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
このブログは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ニコ生、放送中。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。